効果的

アンチエイジングにワインを

お酒は適量なら健康面でも良い…これはとても有名な話です。
特に酒類の中でも健康的といわれるのが『ワイン』で、アンチエイジングのためにお酒を控えている人にもうれしい効果ばかりです。
特に美容面での影響は目を見張るものがあります。
女性は男性よりもお酒を飲む人が少ないですが、ワインに関しては嗜んでみてはいかがでしょうか?
ワインといえば赤と白の2種類ありますが、アンチエイジングにうれしい『ポリフェノール』の含有量でいえば、やはり『赤ワイン』ですね。
ポリフェノールは抗酸化作用があり、肌のシミやニキビを防ぎ、外見の老化を防いでくれます。
1日1杯から2杯程度のワインを飲むことで、より一層美しくなれるでしょう。

さらに赤ワインには『血液をサラサラにする効果』があるので、コレステロールを下げつつ動脈硬化や血栓を防ぎます。
「肌のケアはしているけど、体内については無頓着だったかも…」という人の弱点をカバーするので、総合的なアンチエイジングに極めて効果的でしょう。
そうなると、「赤ワインがアンチエイジングに優秀なら、白ワインはそうでもないの?」と気になりますよね。
白ワイン派の人はアンチエイジングができない…と思いきや、実は白ワインにもちゃんとポリフェノールは含まれます。
ただ、ポリフェノールの含有量では赤ワインに劣ってしまうため、他の成分で差別化してみましょう。
白ワインで注目すべきは、『殺菌作用』です。
大腸菌などを殺菌することで腸内環境が整い、便秘や下痢を防止してくれるので、結果的にお肌にも良い影響があります。
お酒が好きな人は腸内環境が悪い人も多いですが、白ワインなら美味しく体を整えられますね。

また、白ワインは『カルシウム』が多い上に『マグネシウム』もバランス良く含まれるので、骨を効率的に強くできます。
骨が強くなれば骨粗しょう症を防止するだけでなく、いつまでも運動を継続できるため、老化防止に効果的なのは当然ですね。
このように、ワインはどちらもアンチエイジングにうれしい効果ばかりで、「お酒を我慢しない若作り」を続けられるでしょう。
ただ、アルコールであるのには変わりないため、過剰摂取で逆効果になるのもお分かりですね?
先ほども書いたように、ワインも1日2杯程度が目安です。
お酒が好きだからこそ量を調節し、いつまでも楽しくアンチエイジングを続けてください。