効果的

睡眠時間とアンチエイジングの関係性

睡眠時間をちゃんと確保していますか?睡眠が短かったり質が悪かったりすると、アンチエイジングの観点から見ても悪影響があります。
もっと簡潔にいえば、「睡眠時間が短いと若さも保てない」というわけです。
しかし、忙しくストレスも多い現代社会では、睡眠不足が当たり前ですね。
そこで少しでも睡眠時間を確保しつつ、良質な休息を得るコツをお教えしますので、生活習慣からアンチエイジングを初めてみましょう。

まずは睡眠時間を増やすことから始めてください。
ここで言う睡眠というのは『熟睡している状態』であり、浅い睡眠ではありません。
先ほども書いたようにストレスが多いとイライラして深く眠れず、寝ているようでも睡眠時間が不足してしまうのです。
ここでおすすめなのが、『安眠効果のある食べ物を摂る』という選択です。
身近な食品で効果的なのは『バナナ』と『ホットミルク』で、双方とも自然に睡眠へと誘い、気付けば熟睡しているでしょう。
ちょっとこだわるなら『カモミールティ』も安眠効果がある上、抗酸化作用もあるのでアンチエイジングにはピッタリでしょう。

また、睡眠時間を規則正しく保つのも大切です。
お仕事で疲れていると「明日は休みだから昼まで寝よう…」と考えますよね?ですが、人間は寝る時間を体内時計で管理しており、過度の寝だめはそれを狂わせてしまいます。
体内時計が狂うことで夜間の睡眠が取れなくなり、逆に寝不足を増長します。
休みの日にどうしても多めに寝るなら10時か11時までにしておき、昼寝をするなら30分程度を15時までに済ませてください。

なお、夜間の睡眠で最も効果的な時間は『午後10時』からスタートします。
その時間には眠りに落ちているのが理想なので、9時には布団に入れば最高の眠りを体験できるでしょう。
この時間に眠れれば、朝は早起きでも睡眠不足にはなりにくいです。
人間は寝ることで成長ホルモンを分泌し、新陳代謝が活発化します。
たとえば頭髪やお肌は成長が止まると老化するため、睡眠不足がいかにアンチエイジングの障害になるか、簡単に分かりますよね?
良質な睡眠を取れば健康な毎日を送れるだけでなく、美容面でも大きな効果があります。
睡眠によるアンチエイジングを、今日から始めましょう。